ぽてぽてトリップ

自分が訪れて楽しかった観光地・美味しかったグルメの情報を自分の訪問記録として書いています。皆さんにとって少しでも参考になる情報がお届けできれば嬉しいです(^^)

【鹿児島】プラス1,160円の価値は?観光列車「指宿のたまて箱」

★訪問日は2015年1月です。乗車当時と現在では情報が異なる可能性がありますが、ご了承ください。

 

今回はJR九州の観光列車「指宿のたまて箱」の紹介です。

f:id:potepotetrip:20200524153540j:plain



★「指宿のたまて箱」の概要

「指宿のたまて箱」は九州新幹線全線開業の2011年3月に誕生した観光特急で、JR指宿枕崎線の鹿児島中央~指宿間の45.7kmを約55分で結んでいます。1日3往復の運転で、全車指定席での運転です。

「指宿のたまて箱」という名前ですが、指宿市の長崎鼻・龍宮神社に伝わる竜宮伝説の「玉手箱」が由来となっています。「指宿のたまて箱」という名前は結構長いので、「いぶたま」と略されることもあります。

※長崎鼻・竜宮伝説については、こちらの記事で書いてありますのでよければどうぞ...!

www.potepotetrip.com

外装・内装についてはJR九州ではおなじみ水戸岡鋭治氏の監修となっています。

 

★指宿駅を出発

今回は指宿駅から鹿児島中央駅へ向かう「指宿のたまて箱」6号に乗車しました。

f:id:potepotetrip:20200524152556j:plain

(増税前なので1,130円となっていますが、現在は1,160円となっています)

f:id:potepotetrip:20200524152715j:plain

指宿は「砂むし温泉」が有名です。文字通り砂の中に埋もれる砂風呂なのですが、私も入ってきたのですが、気持ち良かったですね~確か1人1000円くらい払った記憶がありますが、指宿に行った際には絶対に寄るべしです!(写真はなしです...)

 

さて、「いぶたま」は通常2両編成での運転です。繁忙期には予備車が中間に1両増結されて3両編成での運転となります。足元の表示が何か消されているのですが、何が消されているのでしょう??

f:id:potepotetrip:20200524152750j:plain

 

発車10分ほど前にホームに入ってきました。鹿児島中央発の列車でこれが折り返しで「指宿のたまて箱6号」となります。白と黒のツートンカラー、なかなかかっこいいですね!

f:id:potepotetrip:20200524152836j:plain

海側が白色、山側が黒色の塗装になっています。 

 

★車内の様子...

車内は見ての通り、ほとんどが2人掛けの座席とカウンター席に分かれています。

カウンター席は海側通常座席が山側となっております。今回は私は海が見える、カウンター側の座席を予約しました!

f:id:potepotetrip:20200524153203j:plain

 

f:id:potepotetrip:20200524153224j:plain

車内には本棚が用意され、本がたくさん設置されています。もっとも1時間弱の旅なので、そんなに読んでいる時間もなさそうですが(^^;)

f:id:potepotetrip:20200524153241j:plain

 

★乗るならやっぱり海側??

海側・カウンター席からの眺望は期待通りで、錦江湾と桜島を眺めることが出来ます。この時は桜島がやや規模の大きい噴火をしており、ちょっと怖い感じもしましたが、こういう噴火の様子を見れたのも鹿児島ならではでしょう。そういう意味では良い景色を見れたと思います。しかし凄い煙ですね....

f:id:potepotetrip:20200524153314j:plain

f:id:potepotetrip:20200524153333j:plain

風下の地域がちょっと心配ですね...(◎_◎;)

★車内販売で記念グッズを!

車内ではプリンやサイダー等の軽食や記念品を購入することができ、私もキーホルダーを購入しました。

f:id:potepotetrip:20200613101243j:plain

袋もかっこいいですねえ~!

この他にも「乗車記念プレート」を持ったアテンダントさんが巡回して「写真いかがですか?」と声をかけてくれます。これはゆふいんの森とかでもやっているサービスですが、こういうのは嬉しいですよね(^^)/

 

★1時間なんてあっという間

途中の停車駅は喜入駅のみ、約55分の乗車時間はあっという間に終了し、終点の鹿児島中央駅に到着です。

 駅の停車時には玉手箱の煙をイメージしたミストが出ます。

f:id:potepotetrip:20200524153436j:plain

(写真はwikipediaより掲載)

 

f:id:potepotetrip:20200524153509j:plain

 

★プラス1,160円の価値はある?

鹿児島中央~指宿の乗車券料金は1,020円です。

「指宿のたまて箱」に乗るには同区間の特急料金も必要であり、特急料金は1,160円となります。つまり、2,180円払う必要があり、普通列車と比較して倍以上かかるわけですね。

しかし、プラス1,160円払う価値はあると思います!

  • 所要時間も普通だと90分前後かかるところが、55分と特急らしく所要時間が大幅に短縮できる。
  • 車内販売やアテンダントさんによるサービス
  • 観光列車ならではのワクワク感
1日3往復という本数も観光列車では多い方ですし、そういう部分でも乗りやすい列車かと思います。時間が合えば片道は「いぶたま」で贅沢に、片道は「快速なのはな」(所要時間65分程度・乗車券のみで乗車可)ってのが良いかな!なのはなは本数が多いわけではないですが...
 
ぜひぜひ、みなさんも「いぶたま」に乗って鹿児島観光・指宿観光の思い出を1つ増やしてみてください。最後までご覧いただきありがとうございました!
 
JR九州による特集ページ↓